● ブックカバー

永瀬清子について、詩の背景にある暮らしぶりや事情などが
この年になった私の目にはどう映るのだろう~と
井久保伊登子さんの書かれた「女性史の中の永瀬清子」を読み始めました。
戦前、戦中編と戦後編に分かれていて分厚い本です。
まずは、読む前にブックカバーを作りました。
考え抜かれた美しい表紙カバーが掛けてあるのに、隠してしまうのは申し訳ないんですけどね。