● ブックカバー

文庫本用のブックカバーを作りました。

文庫本はサイズが決まっているので既成品を作ることが出来ます。

カバーは表紙を隠したり、傷みをふせぐ役割がありますが

自分らしさを表現したカバーの付いた本なら、持っているだけでワクワクがプラスされますね。

 

 

柄の出かたや裏地の色など色々試すのは

いつもながら楽しいものです。

 

本によって栞紐がない場合のために

カバーに紐をつける事もできます。

紐先にアンティークビーズなどをつけます。

画像は、もっと粋にするために象牙の細工物を付けてみました。

紐は鬱陶しいという方には

ドッグイヤーの栞でスッキリと!

画像は和紙で折ったものですが

「小町」なので、やはり布で作ってみたいのですが、実用という点では紙のものかなぁ~?