お茶席などで和菓子を頂く時に使う

         「菓子切り」や「菓子ようじ」を収めておく鞘(さや)です。

        

             季節やお茶会の趣旨を意識したもの

                                           小物として持っていると気持ちも上がりますね。

                                      そして長方形の鞘が多い中、こんなヒョウタンの形なら

                                           きっとウキウキしていただけることと思います。

    



              懐紙入れとお揃いの鞘です。



                                               茶道をされている方からのご注文で

                                                                 新札を入れておくものを作りました。

                                                    お揃いの鞘も。


               松竹梅もいろいろです。


          

                                               手刺繍が当たり前の頃の布は愛おしいです。

              長い旅を経て私の手にある不思議を感じます。

              そしてまた誰かの手へ。


      なんといっても人気はいつの世も「櫻」です。

      黒い鞘は、このままだと見えませんが光が当たると富士山の姿が浮かびます


             黒繻子の帯にビッシリと見事な花々の手刺繍。

               藤の花タンポポ梅椿、、、、、でしたが古い繻子は劣化が早いので

              使えるところはほんの少しでした。

             こんな豪華な帯を注文してもらった娘の艶やかな姿よりも

            気が遠くなるほどの根気で刺繍をした職人のために使いたかったのです。