日本の着物 姿を変えてもう一度表舞台へ

古い着物や帯から、袋物を中心に創っています。


懐紙入れとお揃いの菓子切りの鞘です。

 

 


小茶巾入れ。

背の家紋の部分を使いたくて作ったものです。


繻子地に手刺繍の桜を鞘にしました。

 


鞘は、表の柄の力もさることながら、座の色との組み合わせが重要になります。

その色で思いがけず輝き始めるから面白い。


松の柄、市松と合わせることで勢いが出ました。

 


新札を入れておくための「札入れ」です。

いつかこの布にピッタリの注文を頂いたら使おうと思っていた帯地です。


               お茶席などでお菓子をいただく時に使う「菓子切り」の鞘です。

           長方形の鞘はよく見ますが、瓢(ひさご)は粋で言えば一つ上に思えます。


             迷いながら選ぶ楽しみを味わっていただこうと思っていたら、こんなに。

              サイズはどれも長さ11cmです。




羽箒が痛まぬように挟んでおくものです。

表はおとなしい茶色の紬で、開くと面相が現れる愉しいものに。

「痛まないように」と道具に寄せる気持ちは大事ですね。